ローン 審査 通らない

自営業はローン審査に通らない?それでも私がカードローンを作れた訳

自営業は信用が得にくい

仕事にやりがいを感じず自営業を始めました。自営業というのは本当に大変ではありますが、幸いにして何とか赤字にはなっていませんし、何よりは普通に会社通いをしていた時に比べてとてもやりがいがあるので、忙しくとも充実した日々を過ごしています。

自営業と聞くとたまにお金持ちだと勘違いされる事がありますが、世の中の経営者の人に話を聞くと分かりますが、お金に関しての余裕というのはほとんどありません。正直言って忙しいわりには、自分の自由になるお金というのはほとんどありません。

確かに仕事も忙しいのでそこまで娯楽などにお金を使うわけでもありませんが、一応経営者という事で時には飲み会などもあり、そうした事が重なるとお金に余裕が無くなります。もちろん経営に必要なお金には手を付けませんが、自由になるお金が少ないというのは意外に厳しいものです。

そこでカードローンを一枚くらいは作ろうと決意したのですが、こうしたお金を借りる系全般のローンに際しては、あまり自営業というのは信用はありません。自営業はどうしても浮き沈みが激しいし、何より大手企業の経営者というわけでもないので、全体的に信用が少ないのです。審査落ちというのも珍しくは無く、カードローンも多分無理だとずっと思い込んでいました。

自営業でもカードローンは作れる

しかし友人に収入の証明が出来ればカードローンは作れるという事で、源泉徴収票の控えなどを用意して、ダメ元で審査に挑みました。通らない場合は諦めるしか無いかな…と思っていたのですが、意外な返事が届きました。

なんと驚きの事に、カードローン審査に無事に通過できたのです。どうやら自営業でも収入の証明ができなくて一定以下の年収だと難しいそうですが、幸いにしてそれらをクリアしていた私は、無事にカードローンを発行できたのです。

普通のカードローンは事業目的では使えないとのことですが、私は自分の生活に必要なお金にしか使わないので、特に問題はありません。飲み会の時についつい二次会などに行くときもカードローンがあれば、ちょっと途中でコンビニに寄って借りられるというこの手軽さが、非常にプライベートでありがたい感じですね。

同業者の方はこうしたローン関係は無理だと諦めている方も多いですが、収入さえ証明できるなら審査に通過出来る可能性は十分あるようです。ダメだと思う前に、一度くらいは試してみませんか?

年齢や年収以外にもある住宅ローン借入条件のポイントは?

ローン申込みですぐに思いつくことと言えば、勤続年数や年収、他社からの借入金額など。住宅ローンの場合だと、年齢も大きなファクターとなりそうです。しかし、通った時は気にならないけれど、見送られた時みは「え?会社がいけないの?身内にブラックがいるの?信用調査会社の登録情報が間違ってる?」など疑心暗鬼になってしまいます。

銀行など取り扱いの金融機関でも一応公表はしているものの、すべて本音とは思えないし、ネット社会には「裏の審査基準」のようなデータがウジャウジャ。ますます混乱してしまいます。

しかし、完済時の年齢や勤続年数などの「人」の信用度や、物件や担保の価値を重要視するのは、「貸す側の論理」としてはごく自然で当たり前のこと。これらを審査の基準にしているのは間違いないでしょう。

一方で、借りる側からすれば、「一体何が原因で、どの項目が審査基準に達せず落ちてしまったのか」は、大抵のケースで釈然としません。答え合わせのない試験があれば、苦情が殺到するのと同じことです。

このようなことが起こるのは、この手の審査が「スコアリング方式」を導入しているから。つまりたくさんの要素をポイント化し、総合的に判断していると言うこと。担当者の経験や勘に頼るよりは平等と言えるかも知れませんが、元々人間は自分が可愛いもので、自らのマイナス面はなかなか見えにくいものですからね。

あ、そうそう。今回の記事を書くにあたり知ったことですが、クレジットカードの「キャッシング用可能枠」は、利用していなくても、借りていることとして審査されるんですって。まぁ、キャッシング枠があるということは、いつでもそれだけ借りられるってことなので、正しい判断だとも言えますが…。

申し込むローンがどんな審査基準を採用しているかは、この先も完全に判明することはないでしょうが、先のクレカを例にすると解約で対応するとか、とにかく可能性があるなら最善を尽くした上で審査に臨めば、思い切りや諦めがつくかも知れません。

不動産投資の資金調達は担保価値と金融機関との交渉次第

住宅ローンはその名の通り申込者が住居を購入するための資金を借りるためのものですが、投資目的に不動産を求める人向けのローンも最近増えてきました、。アパート・ローンやマンション・ローン。あるいはそのまま「不動産投資ローン」と呼ばれたりしています。

不動産投資ローンは、あくまで「投資」のための資金調達ですから、住宅ローンのように審査の基準や融資のノウハウがそれほど確立されていません。もちろん申込者の「人」の審査は必要ですが、それぞれの物件の条件による「物」の審査がより重要視されるようです。

住宅ローンには積極的な都市銀行も、不動産投資ローンはあまり得意ではないようです。信託銀行の現状も似たようなものです。いずれもそのリスクの高さから審査基準が高くなり、契約にまでこぎつけられないといったところでしょうか?この傾向は会社員など一般の人向けにおいて、さらに強くなります。

地方銀行は比較的積極的なようですが、申込者の所在地と物件の所在地に制限があるケースがありますので、注意しましょう。

一方、ノンバンク系(信販会社や消費者金融など)と不動産投資ローンの相性はよく、審査も銀行系よりも緩いと言われています。デメリットは金利が高いことが多く、投資のためという性格を考え合わせると、十分な計算と考慮が必要になります。

このように、不動産投資ローンでは、住宅ローンと比較して、取り扱う金融機関による条件の違いが大きく、注意が必要です。金利へのスタンスも住宅ローンとはやや異なるものが必要になることがあります。

物件が「売れない」ケースも考えておきましょう。これは「投資」であることえをお忘れなく。そう考えれば、自分で済む「住宅」以上に物件の担保価値が重要であると言えます。この手のノウハウやテクニックに長けた不動産会社に相談しながら、金融機関と有利な交渉ができれば、より良い資金調達ができ、投資としても成功に近づけるでしょう。

まとまった金額の借入なら、金利も魅力の「不動産担保ローン」

一部の「おまとめローン」など、無担保で高額の融資を受けられる方法は皆無というわけではありませんが、まとまった金額を融資してもらうために確実な方法として代表的なのは、やはり不動産を担保とする方式のローンでしょう。

不動産担保ローンの融資額は、当然担保の物件によって違うわけですが、無担保の場合はもちろん、動産担保での融資と比べてもはるかに高額の、億単位のまとまった金額の融資が受けられることが多く、この点が選ばれる一番のポイントになるでしょう。個人よりも法人での利用が多いかも知れませんね。

不動産担保ローンには、銀行系とノンバンク系(信販会社や消費者金融など)があり、前者の特徴は、やはり「銀行」のイメージが持つ安心感でしょう。金利も比較的安いことが多いので、利用者の第一選択肢とされることが多いです。金額も大きいですから「安心」は何よりの選択条件でしょう。

ノンバンク系では、金利がやや高めのケースはありますが、融資額の設定も高くなっていることが多いので、条件次第ではこちらを選ぶことも十分考えられます。銀行系に比べて、審査の時間が短いのも大きな利点となりそうです。「銀行は敷居が高くて」という人にもぴったりですね。

ローンや借入全般に共通して言えることですが、無理のない返済計画を立て、ゆとりを持った融資を受けることが大切です。個人にしろ法人にしろ、不動産を担保にするのは大きな決断が必要なことです。融資金額が大きくなる分、計画の綿密さや気持ちの引き締めも相応なものとして構えましょう。

用途が決まっていれば、目的別ローン利用で金利が有利に

「今月は家計がちょっと苦しくてピンチ」という時に利用したいのがカードローンやキャッシングなど。これらは借入プランのうち「フリーローン」と呼ばれることが多いようです。

一方、子供の進学や自動車の購入でどうしてもまとまったお金が必要な場合は、使途が決まっていることから、「目的別ローン」というものを利用することがあります。あ、そうそう。住宅ローンもこの目的別ローンに分類されますね。

フリーローンで借りて、自動車を買っても別に構わないわけですが、目的別ローンは、必要書類があったり、住宅ローン等では担保を要求されることも珍しくないなど、比較的審査が厳格なこともあり、金利は低いケースが多いです。金利が有利なことから、比較的まとまった金額での利用が多いのも特徴の一つです。

低金利というメリット以外にも、目的別ローンを選ぶ理由があります。2010年からの総量規制により、借金は年収の3分の1までに規制されました。しかし、目的別ローンはその対象外であることが多いのです。

そんないいことづくめのような目的別ローンですが、もちろんデメリットもあります。フリーローンに比べて審査が厳格なのは先にお話ししましたが、その分フリーローンに比べて契約には時間がかかってしまいます。

フリーローンの宣伝でよくある「お昼までなら即日融資!」というようなスピーディさはありません。使い道を証明するための必要書類も必要なので、十分に計画を立てての計画が大前提ですね。

金利は少し高めでも手軽でスピーディな利用が見込める「フリーローン」。用途の証明や手続きがやや大変で審査も厳しいが、低金利で借入金額も大きい「目的別ローン」。両者の特色を十分理解して、無理のない有利なローンを選択しましょう。

借入をまとめると返済額も減り、計画的に完済に近づきます!

カードローンやキャッシングを利用したことがある人はわかるでしょうが、通常、最初の契約ではそれほど大きな金額の借入はできません。多くても50万円未満。場合によっては10万円程度に抑えられることもあります。

しかし、必要な額はそれを上回ることが多い。こういう時はどうなるでしょう。当然、複数の会社と契約しますよね。100万円必要なら、30万円を2社から借りて、後2社で20万円ずつ用意して、「合計4社で100万円。」…という感じですね。

1社で100万円と4社合計で100万円。金利が同じならどちらも同じような気がします。
でも実は前者には大きなメリットが生じる場合があるのです。

まず、各社の返済日はまちまちなことが多いので、4社も契約していると、ひと月に何度も「返済期限」がやってきます。借金やその返済のことを考える精神的ストレスは相当なものです。つい「1社だけ今月は利息だけの返済にしよう」とかいう甘えが生まれてしまい、「毎月返済しているのに元金がまったく減らない」なんていうことになってしまうこともあります。

振込の手数料や、返済に出向く交通費なども多数の契約の場合、馬鹿になりません。こういう経費に鈍感でいては完済は遠くなります。

それではどうすれば良いのでしょう。そうです。一つにまとめてしまうのです。具体的には一種の借り換えで、そういうプランがある会社に申込み、他社への返済を条件に合計金額のローンを新たに契約するのです。

もちろん、バラバラだった各社には完済します。「結局、一緒じゃん。」と思ったあなた。ある意味正解です。借金の元金に変化はありませんから、一気に悩み解消とはいかないかも知れません。ただ、ローンをまとめる(一本化する)と、以下のようなメリットが生まれるのです。

●金利が低くなり、総支払額が減少する
先に、金利が同じことを条件でお話しましたが、実は多くの場合、「おまとめ」すると、小口のプランよりぐっと低い金利で借りられることが多いのです。その意味ではすでに借りている会社に別の低金利のプランがあり借り換えを勧められた場合、比較するのも良いでしょう。

利息が減り、総支払額が激減。毎月の支払いは1件のみ。返済計画が無理なく簡素化されることは、完済に向けての大きなメリットになります。
逆に言うと、これらがメリットに感じられない人にとっては、新たな借金を増やすきっかけになってしまいかねません。

あくまで完済を目指し、借金生活からの脱却を目指す人の賢い方法の一つとして、「おまとめローン」を考えてみることをお勧めします。

「外国人向け」の住宅ローンは今後も拡大傾向の予想

個人的な話で申し訳ありませんが、先日ちょっとした病気で入院しました。ちょっとびっくりしたのが、先生から掃除を担当される方まで、外国人のスタッフが多かったこと。(国名まではわからないですが、ちょっと言葉がカタコト)

そんな中でふと思ったのは、外国人で日本に長く住みたいと思ったらどうするんだろうということ。寮の設備がある勤務先ばかりじゃないだろうし、賃貸じゃなく、購入を希望する人もきっと多いのではないかと。

そうなると当然「住宅ローン」が組めるかどうかが新しい疑問。実は、外国人の場合でも「永住権」を持っていれば、ほぼ日本人と同じように申し込めます。考えてみれば、「永住」するつもりがあるのなら返済できる可能性は高いわけですし、永住権取得の際にそれなりの信用が得られているわけですものね。

しかし、これは「永住権を持っていない場合は利用に厳しい条件がある」ということですから、永住権の取得が住宅ローン利用の近道と言えるかも知れませんね。

それでも理由があり、永住権取得以外で住宅ローンを考えておられる外国人の方もいらっしゃるでしょう。銀行などの金融機関の住宅ローンの説明でも「外国人のお客様向け」と別枠で紹介されていることも多くなってきました。

建前上、外国人だから儲けられている申込(審査)基準というのはないところが多いようですし、基本的なチェックポイントは同じですが、やはり、日本人の場合に比べて微妙に厳しくなっています。20%程度の頭金が必須の場合もあるようです。

これらの条件を「事実上、外国人が申し込めないようにするため」とネガティブに受け取る向きもあるでしょうが、ここは「条件さえクリアすれば、永住権がなくても利用できるんだ」と解釈し、まずは積極的に相談してみましょう。その意味で、自然にコミュニケーションが可能な程度の日本語会話力は必要です。もっともそうじゃないと永住するには別の悩みができてしまいますよね。

なお、母国の金融機関が日本に支店を構えていれば、そちらでの相談も可能性が膨らみます。金利は日本に比べて不利になる可能性はありますが、そのほかの面ではぐっとスムーズに話が進むかも知れません。

外国人を対象にした住宅ローン、あるいは永住権の取得は、今後も拡大していくことは十分考えられます。それは日本人としてはとても嬉しいことですし、日本の新たな可能性に繋がることも多いでしょう。クリアしなければいけない問題も多いでしょうが。

申込者の年齢のせいで審査が不安なら「親子リレー返済」も

住宅ローンのような長期貸し付けの場合、申込時の年齢が審査に与える影響はとても大きなものとなります。未成年(20歳未満)がダメなのはもちろん、完済時に設定された年齢(金融機関により基準は異なるが75~80歳が多い)を上回る年齢で申し込んだ場合は極めて不利になります。

審査基準は金融機関によってまちまちですが、住宅ローンにおける年齢制限は、「申込時」よりも「完済時」が重視され、80歳が限度というところが多いようです。
ここから導かれる「申込時の年齢」も、サラリーマンと自営業者の違いなどで一概には言えませんが、一般的には40歳までと考えるのが良いでしょうし、30代前半から半ばぐらいで検討するのが現実的だと言えそうです、

申込時の年齢が高ければ、返済期間を短くするなどで調整することで審査をクリアでき可能性もありますが、これにより返済額が高くなり、苦しくなっては元も子もありません。

そんな時に検討したいのが「親子リレー返済」(「親子二代ローン」など金融機関により名称はさまざまです。)という方法です。
名前からある程度想像できるでしょうが、申込者の子供や親族で条件を満たした後継者を設定して融資を受けるというものです。

この方法を利用すれば、申込者の年齢により審査に落ちることが防げたり、返済計画が楽なものに設定できたりすることもあるので、該当する方はぜひ検討してみましょう。

ローンの負担を親子で分かち合えるなんて、ちょっと素敵ですよね?ただ、この方法を提案するケースは、「親から子」がほとんどなんですって。つまり、子供から「オヤジのローン、半分俺がみてやるよ」「っていうのは少ないってこと。うーん。気持ちはわかりますけどね。

相続面のトラブルとかも心配だけど、そんなデメリットを差し引いても、「最後の親孝行」と考えれば、一考の価値はあると思いますよ。ね?お父さん。

マイホーム購入のための融資利用のメリットは控除と金利

景気が悪い時こそ、起業したり、何かを始めるのに絶好の機会だと唱える人がいます。これは一般的に不景気=低金利故に資金の調達が優位になると考えられるからでしょう。

住宅購入にも同じことが言えます。住宅ローンの金利が低いことは、頭金、毎月の支払い計画などの資金準備面で大きなメリットになると言えるでしょう。

金利の影響は、住宅ローンのように返済が長期にわたるものは大きくなります。それが申込時から固定なのかどうかなども十分注目して、そのメリットを生かすようにしましょう。

確かに低金利とは言え、現金での購入と比較すれば余分なお金を払っているように感じる人もいるでしょうし、それは間違いとは言えません。しかし、住宅や自動車など高額のものをすぐに手に入れ夢を実現することがもたらすプラス面も見逃せません。実際にはこれが一番の「ローンのメリット」かも知れませんね。

住宅ローンに限れば、収めた所得税が戻ってくる「住宅ローン控除」を受けることができます。これもうまく利用すれば大きなメリットになりますので、どのような場合適用されるかなどの条件をよく確認しておきましょう。

投資目的でマンションを購入する場合には、団体生命保険の加入もメリットの一つとしてあげられるでしょう。返済中に万が一のことがあった場合、ローンが精算されるという保険なので、残された家族のことを考えれば強い味方になるでしょう。

そのほかに、レバレッジ効果も期待できるなど、住宅ローンのメリットは少なくありませんが、デメリットもないわけではありませんので、十分気をつけましょう。

何歳まで今の年収?45歳からの住宅ローンは無理のないプランで

20歳代のマイホームプランは物件重視。どんな間取りで、何階建てで玄関には…と夢がありました。30歳になると少し現実的になり、大まかな予算が頭をよぎってきました。

そして、40歳を迎える頃までに宝くじも当たらず、自宅購入には「住宅ローン」を抜きに考えられないことを悟りました。

年収500万円。妻一人子供一人。決してセレブではないけれど、ごくごく平均的なサラリーマンなので、大きな家は無理にしても、今ならローンの組める物件はどこにでも転がっていると思いました。

ただ、ふと頭によぎります。景気が良くなってきたと言われるものの、ここ数年昇給はごくわずかだし、会社の規模も頭打ち。こんな状態の私を銀行はどう見てくれるんだろう?成人してから、「何歳から」の心配はなくなったけれど、住宅ローンって何歳までに申し込めばいいんだろう。

というわけで、それからの私の住宅ローン選びには「何歳までに申込み?」が重要なファクターの一つに。

実は申込時の年齢より重要なのは、「完済時の年齢」。と言うより、「総額」「頭金」「月々の返済額」が決まっていれば、何年で払い終わるかは(金利など細かいことを抜きにすれば)計算できますよね。

ここで突き当たる問題は人それぞれ。私の場合は頭金の用意が乏しいので払う年数はできるだけ長く設定したい。ただそうなると、完済時の年齢の上限が心配になってきます。調べたところ、大抵70歳から80歳までが上限の目安のようです。

75歳までに30年ローンを払い終えるためには45歳までの申込みが必須です。待てよ。その頃私の年収っていくらぐらいあるんだろう。給料は多少上がるとしても、定年はやってくるし、年金は頼りないし…。

なかなか先が読めない時代。長期のローンを無理なく返済していくには、貯蓄や頭金の用意などの面で余裕を持ったプランで臨みたいものです。もしあなたがお若い方なら、早めに検討を始めるのもお勧めです。

生活保護費での借金やローン返済はNG まずは「相談」

タレントの親族の受給などで何かと話題の生活保護問題ですが、よく話題になるのは「生活保護を受けていて借金はできるのか?」「住宅ローンの返済が残っているが、生活保護は受けられるのか?」ということ。

結論から言うと、生活保護費というのは「最低限度の生活を保障する」ためのお金を支給する制度ですから、その生活保護費を借金返済に充てることは、制度の趣旨に反するので、認められていません。

しかし、新たな借金はともかく、すでに借りている人が返済した途端、(悪質なケースを除けば)刑務所に入れられた等ペナルティを受けた話もあまり耳にしません。

現実的に整理してみましょう。食費を切り詰めてでも返したい借金なら、その返済は仕方ない。もちろん、生活保護の申請などの手続き上、経費として認められることは絶対ありません。言い換えれば、その返済のために生活が苦しく生活保護を受けなければならないという状況は想定されていないのです。

病気などで仕事ができなくなったり、生活保護を受けようとする人の多くは、避けられない事情があるでしょう。そんな人たちに対して何もできないのか?と感じる方も多いかもしれません。

しかし、元々、生活保護という制度は、その適用で借金がなくなったりするものではありません。あくまで「最低限度の生活のためのお金を支給」するだけです。ローンや借金の問題は別の方法で解決しなくてはなりません。

具体的には、まず過払い請求・任意整理や自己破産などの制度を利用して、返済の問題をクリアします。住宅ローンの場合は、物件の売却も検討するべきでしょう。
できるだけのことをして、それでも生活できる見通しが立たない。そんな状態の人を助けてくれるのが本来の生活保護の制度なのです。

もっとも、そんな苦しい状況で冷静に諸問題を解決するのはとても難しいことです。なので、まだ申請前なら、福祉事務所の担当者に申告したり、受給が決定しているのなら、担当のケースワーカーさんに相談してみましょう。

前述のように、生活保護と借金は別問題ですから、「生活保護費で返済を認めてほしい」という希望には応じてくれません。「まず、それぞれのローンの返済をなくす方法((債務整理・自己破産など)を進めていく」ようにアドバイスされるでしょう。また、それが結局は最善の解決法となるケースも多いのではないかと思います。